インターネット時代のシステム開発について

コンピュータシステムについては、個人で利用する家庭用のパソコンやワークステーションなどは、スタンドアロンシステムであることから、複数のアプリケーションの処理を行うことが中心になります。一方で、インターネットが急速に普及した現在においては、アプリケーションやサービスをインターネットを経由して多くの人に提供するため、一度に多くの処理を行うことが必要となるため、膨大なプロセスやアクセスに対して堅牢なシステム開発が必要となります。このようなシステム開発については、複数のサーバー群とデータベースを含む大規模なシステムを構築することになりますので、複数のスタッフによって開発されることになります。また、スタンドアロンのアプリケーションについてはソフトを個別に販売するため、プログラムの修正が無いように万全を期すことが大切ですが、インターネットにおけるサービスについては、開発途中のサービスをベータ版としてリリースして、少しずつ完成度を高めるという開発方法もあります。このように、インターネット時代のシステム開発については、ユーザーの増加によるシステム変更やサービス変更を行うなどの工夫が必要とされているのです。