中高年が体力改善のために六本木のジムに通う

   

年齢とともに衰えるのが体力です。オフィスワークで運動不足の人は顕著に体力が落ちるでしょう。特に歩かない人は老化が早く、毎日1万歩以上歩いている人は生活習慣病にかかるリスクが低いとも言われています。
六本木のジムは、仕事の後、落ちた体力を再びつけるのに最適な場所です。さまざまなマシーンを好きなだけ利用できます。不安を払拭するには十分な設備が整っています。ランニングマシーン、筋トレマシーンの設備はもちろんのこと、楽しく汗をかける運動プログラムも充実しています。

まずは歩くことが基本

運動の基本は歩くことです。どんなメタボな人でも歩くことからなら始められるでしょう。いきなりハードな運動プログラムを行うことはむしろ無謀です。まずは基本のウォーキングから始めるのが良いでしょう。ウォーキングマシンを使って達成しやすい目標設定をします。目標が達成できたら徐々にハードルを上げていくのです。スピードを上げていくのも良し、距離を伸ばすのも良し、今よりも少しづつ負荷をかけていきます。しばらく継続していくと以前より持久力がついていることに気がつきます。
歩くことを習慣づけることで血液中の赤血球が増えます。たくさん歩くことで足に衝撃が加わり赤血球が壊れます。するとそれ以上に新しい赤血球がつくられます。赤血球の数が増えると酸素の運搬量が増え持久力がつくのです。さらに脚の筋肉量も自然と増え、より一層ウォーキングが苦にならなくなります。
負荷をかけられるようになると脂肪の燃焼につながります。有酸素運動の基本であるウォーキングが内臓脂肪を燃焼させます。内臓脂肪が減ると見た目以上に身体が軽くなり体力の改善をより一層感じられるようになります。体力アップを自ら実感できる程体力がつくと、別のトレーニングへステップアップする意欲が湧いてきます。

基礎代謝を高くする体質改善

基本のウォーキングを継続できるようになったら、太りづらい身体を作ることにシフトできます。六本木のジムはこのシフトをスマートに行ってくれます。
体力低下の原因の一つに肥満体質が挙げられます。肥満体質を改善するには基礎代謝を高める必要があります。基礎代謝を高めるには呼吸量の増加と筋肉量の増加が有効的です。有酸素運動と並行して筋トレを行うことで筋肉量を増やしていくにはジムという環境は最適です。また、有酸素運動をウォーキングからランニングへステップアップできれば呼吸量が大きく増えます。たくさんの酸素を取り込み二酸化炭素を吐き出すことで細胞ひとつひとつの呼吸にも影響を与え、結果、運動をしていない時の呼吸量が増加します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

六本木でのダイエットをジムで

古今東西、ダイエットについて耳にしないときはありません。老若男女、ダイエットを考えたことのない人はいないと言ってもいいでしょう。そんな現代ですが、ダイエットにもさまざまな方法があります。ただ、結局のと...

中高年が体力改善のために六本木のジムに通う

年齢とともに衰えるのが体力です。オフィスワークで運動不足の人は顕著に体力が落ちるでしょう。特に歩かない人は老化が早く、毎日1万歩以上歩いている人は生活習慣病にかかるリスクが低いとも言われています。六本...

護身術を習うなら六本木のジムで

多様性が求められているジムですが、六本木には護身術を学べるところがあります。護身術への需要があるということは自分の身を守りたい人がいることを意味します。特に女性において、それが顕著に表れています。力の...