護身術を習うなら六本木のジムで

   

多様性が求められているジムですが、六本木には護身術を学べるところがあります。護身術への需要があるということは自分の身を守りたい人がいることを意味します。特に女性において、それが顕著に表れています。力の弱い女性が襲われれば被害は避けられません。自分の身を自分で守ることができると被害を避けられます。これが護身術を身につけようとする女性が増えている理由の一つに挙げられます。政治も社会も女性の活躍を期待しています。夜中に一人で歩かなければならない状況はますます増えていくと考えられます。女性が安心してひとりで歩ける社会が簡単にできればいいのですが、そう簡単にはいきません。女性の護身術はそういった意味で益々需要が高まるでしょう。

古来からある護身術

護身術で真っ先に思い浮かぶのは合気道ではないでしょうか。日本古来からある武道の一つです。それは相手の力を利用し、少ない力で相手を倒すのが醍醐味です。それができるようにさまざまな型を身につけなくてはなりません。
柔道もそのうちの一つです。柔よく剛を制すという語源の柔道ですから、強い相手をしなやかに投げ倒すというのに真髄があります。どちらも力の強い相手に力で対抗するのではなく技で倒すことに特徴があります。
どちらの武道もそのような意味合いが原点ですが、現代はより競技性の高いものになっています。特に柔道ではオリンピックの競技でもあるため、護身のために習うというより試合に勝つためのものが主流です。最近ではエンターテインメント性も重要視され、ただ勝つだけではなく綺麗に一本をとる柔道が求められています。

より実践的な護身術

クラヴマガという護身術があります。武道とは違いより実用的なものです。敵と対峙するさまざまなシチュエーションを想定しています。六本木のジムではこの先進的な護身術が学べます。
後ろから羽交い絞めにされた場合、相手が刃物を持っている場合、相手との身長の差がある場合など、より実践的なスキルを身につけていきます。さまざまな危険な状態から自分の身を守りきり、安全な状態までもっていくのがクラヴマガという護身術です。各国の軍隊が採用したことでより認知されるようになりました。そんな護身術ですからその効力はお墨付きです。
非常時に確実に役に立つ護身術が都会で学べるとなれば人気が出るのは必然です。安心と安全を自らの身体で感じることができます。技を習得していく達成感と同時に安心感を得られることが護身術の大きな要素です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

六本木でのダイエットをジムで

古今東西、ダイエットについて耳にしないときはありません。老若男女、ダイエットを考えたことのない人はいないと言ってもいいでしょう。そんな現代ですが、ダイエットにもさまざまな方法があります。ただ、結局のと...

中高年が体力改善のために六本木のジムに通う

年齢とともに衰えるのが体力です。オフィスワークで運動不足の人は顕著に体力が落ちるでしょう。特に歩かない人は老化が早く、毎日1万歩以上歩いている人は生活習慣病にかかるリスクが低いとも言われています。六本...

護身術を習うなら六本木のジムで

多様性が求められているジムですが、六本木には護身術を学べるところがあります。護身術への需要があるということは自分の身を守りたい人がいることを意味します。特に女性において、それが顕著に表れています。力の...