自費出版は自分でお金を出すが自由に作れる

小説や絵本や写真集など個人でも本にできるのが自費出版です。
自費出版という言葉どおり自分でお金を出して作ることです。
色んなジャンルのを自由に作れるけれども
自分でお金を出すところが難しいのではないでしょうか。
業者によっても違ってきますが、数万円どころではないと思います。
とても気軽にというわけにはいきませんが、
それでも本を出版してみたいと思う人もいることでしょう。
お金はそれなりにかかるけれども、
一度は自分の名前が著者として書かれた本を出版したいと思うのなら
記念として大変良いと思います。
さすがに家を買うほどの金額ではないのですから、
頑張ってお金を貯めていけばほとんどの人なら自費出版できると思います。
費用は確かにかかりますが、
その代わり好きなように作れるというメリットがあります。
自分でお金を出すのだから自分自身が責任者です。
だから責任はありますが、売れる売れないは別として
好きな内容で好きなように書けるのはメリットであるといえます。