システム開発の仕事

コンピュータシステムに関する仕事は、大きく設計と作成と運用に別れています。
このうち、「システム開発」と呼ぶのは設計と作成の部分です。
仕事の始まり方としては、ある会社が新しい事業を始めるのに新システムが必要となる場合と、今まで動いていたシステムがユーザー数の増加や機器が古くなってきた事によるシステム更新などがあります。
新システムを開発する際は、企画書とRFP(提案依頼書)をシステム開発会社に持ち込んで、システム開発会社は提案書を作成、提出します。
提案内容がよければ開発スタートとなり、ここで初めて開発予算が付きます(正確には依頼元会社内予算の一部の割り当て先が決まる)。
まず、上級SEやアーキテクチャと呼ばれる人がシステム全体の設計を行います。
想定ユーザー数や稼働率などを基に設計仕様書を作成します。
次に、設計仕様書を基にSEが部品の設計を行います。
各パートに別れて複数のSEが仕様書にまとめます。
最後にプログラマが仕様書を基にプログラミングを行います。
単体テストを繰り返して、出来たものから他のプログラムと結合していきます。
プログラムの結合や単体テストを統括するのはSEです。
自分が統括するパートの進捗具合も管理します。
全パートが完成したら、上級SEが本番状況さながらの全体テストを実施し、正しく稼働し始める事を見守ります。
稼働に失敗したら修正します。
ここまでがシステム開発の仕事です。
システム更新の場合は設計の段階がありません。