東京のレンタルオフィスの価格は安いか高いか

東京でレンタルオフィスを借りてビジネスを行う人が増えています。オフィスに必要な設備を一通り備え、すぐにビジネスを始められるのがその理由のひとつです。では、その価格はどうなのでしょうか。ビジネスを始める場合には、資本金が必要です。その資本金の中で必要なものをそろえ、また企業のための様々な手続きをします。自己資本で始める人もいるでしょうし、キャピタルや銀行からお金を借りて調達する人もいるでしょうが、起業する場合には事業計画をきちんとしないと事業として認めてもらえません。この事業計画の中でも、特に重視しなければいけないのが資金計画です。お金をどのように使い、支払いはどうするのか、またどのような方法でお金を稼ぐのか、この中にはオフィスを構える場所やその費用なども十分綿密に計画しなければならないのです。特に、オフィスの立地とその費用というのはビジネスの成否に大きく影響します。たとえば最初に東京都心にオフィスを大きく構えて、多額の投資をしたいと考えるのは多くの起業家が考えますが、この方法は非常に疑問が残ります。その高額な家賃や維持費はどのようにして賄うのか、売上の計画が高ければ机上の空論では成り立つかもしれませんが、実際にはあくまでも空論なので、決して認められる計画ではありません。しかし、だからと言って地価の安い地方にオフィスを構えるのも、ビジネスの内容によっては問題があります。東京中心に動いている日本のビジネスでは、特定地方でのみの事業であればともかく、そうでない限りは売り上げが期待できないからです。そこで、東京にレンタルオフィスを借りる、という選択肢が浮上します。東京にオフィスを構えるというビジネスの成功の要素と、価格の安いレンタルオフィスで初期投資を抑える、という二つの命題を同時に解決できるのです。しかも、レンタルオフィスであれば本来オフィスを構えるのに必要な様々な事務用品や電話、その他の資産を持たずに開業することができるので、実は税金面でも非常に有利です。企業として法人化した場合にはこのような資産も課税対象となるので、資産を保有すれば課税されます。すなわち支出が増えます。レンタルオフィスを利用するメリットはこのような税金の部分でも有利なのです。このように都心にオフィスを持つメリットと、事業の資金計画の面から考えいくと、東京のレンタルオフィスの価格は結果的に安いということができます。