東京のレンタルオフィスでの口座開設について

東京のレンタルオフィスでの口座開設について、法人登記がどこでなされているのかであるとかあるいはその法人が架空のものでないかどうかなどのチェックは厳重になされますが、口座開設は可能です。しかしながら、都市銀行よりは地方銀行、地方銀行よりは信用金庫などの方が開設はしやすいということは知っておく必要があります。レンタルオフィスということで、東京のような大都市ならではのスペースにはなりますが、個人でやり取りをすることがメインの個人事業主などには好評です。そのため、需要が東京のような大都市であればあるほどあるために、今後も相応にこのレンタルオフィスを借りる人は多くいると考えられています。ただ、いくら東京にあるからと言っても駅から離れすぎているとか交通の便が悪いところではそこまで行くのが大変だということで、駅近くにあるようなところに集中して利用をしようと考えるのが一般的ですから、こうしたレンタルオフィスはどこで貸し出しをするのかという点についてもしっかりと考えて行動をする必要があります。可能であれば駐車場などがあった方がいいことに違いはありませんが、なくても東京などであれば移動手段はいくらでもあるので、駐車場などはそれほど重要視はされないと言えます。こうしたレンタルオフィスを利用する上で、収入などの受け取りの口座については少々厄介であると言えますが、先述のように都市銀行や地方銀行のようなところだと開設が若干難しい場合があります。特に法人登記などの提出はもちろんのこと、法人登記で事務所を構えている場所の近所でなければ開設はできないと考えたほうが無難です。また、個人名義ではなく、その個人事業主が開設する法人名などの屋号と個人名を組み合わせたような口座名になることも知っておく必要があります。当たり前ですが、個人事業主である以上は個人としての収入なのか、その個人事業主つまり事業としての収入なのかははっきりと分ける必要があります。このため、個人事業主は簿記による帳簿の作成が義務付けられていて、私人としてのものなのかあるいは事業としてのものなのかは、はっきりと分けて行う必要があります。レンタルオフィスでの作業については、銀行が近所にないなどの不便さが出てくる可能性がありますが、それでも同じ金融機関であれば出し入れは可能ですので、場所が少々違う場所であっても仕事自体はこうしたレンタルした場所での作業でも問題はないと言えます。