風俗営業にも利用される東京のレンタルオフィス

レンタルオフィスは、様々な業種に利用されています。自営のIT企業や一人で起業する起業家が多く利用しています。東京都心でも比較的安価に利用することができるため、ビジネスチャンスを求めて新たに起業する人のほか、地方の企業の東京支社として利用される場合も有ります。このようにいろいろな形で利用されているレンタルオフィスですが、他の様々なビジネスにも利用されています。たとえば、風俗営業に利用されているケースもあるのです。通常、風俗営業の場合には店舗を構え、その店舗内での営業内容や店舗の構造などに関し申請を行い、風営法に適合し許可を受ける必要があります。その際には客を収容するための必要な設備、飲食業であれば調理場所や排煙装置の状態、さらには緊急時の客の避難経路の表示や誘導の形態などに関し厳しいチェックがあります。その為、直感的にはレンタルオフィスでの風俗営業は想像できません。その為、風俗営業を行いたいと思う人は多くても、その開業資金や様々な諸経費、さらには風営法に関する手続きなどの煩雑もあり、あきらめている人も多いのです。まして、東京で営業をしたいと考えた場合には、その費用は膨大なものとなります。店舗を構える場合には立地条件も売り上げに大きな影響を及ぼしますが、立地条件の良い場所はそれだけ賃料も高く、これから新たにビジネスを始めようという人が手を出せるような条件の場所はほとんどありません。しかし、そのような状況の中でも、考え方ひとつで東京で効率よく風俗のビジネスを始める方法があるのです。これが、レンタルオフィスを利用して行う方法です。最近特に増えている無店舗型の風俗営業というものがあります。オフィスで受け付けを電話で行い、実際には外で営業を行うデートクラブのような営業は形式的なオフィスを持つことで風営法に基本的には対応します。もちろん、営業内容については厳しいチェックがありますが、オフィスという基準をクリアするにはレンタルオフィスにより対応できます。また、接客をする女性の待機場所には規制は適合されないため、レンタルルームなどを利用することで確保が可能です。風俗営業には資金が掛かり、また経費もかさむので始めたいけれど諦めている人は、レンタルオフィスを利用して始めることを検討するのも一つの方法です。特に最近は、風営法適合を謳い、予め風俗営業に利用することを想定したところもあります。これらを上手に利用することも、効率的にビジネスを行う方法です。