プリント基板の特徴と利用するメリット

プリント基板とは電子回路を作るときに電子部品を固定するために使われる部品のことで、正式な日本語名称を「プリント配線板」といいます。コンデンサやトランジスタ、集積回路といった電子部品を接続するための重要な部品で、電子機器の心臓部ともいえます。今日では携帯電話やテレビなどほとんどの家電製品や電化製品にプリント基板が使われています。電気を通す伝導体と電気を通さない絶縁体とで構成されており、エポキシ樹脂やプラスチックなどでできた板の上に伝導体で配線パターンを描き込むことで電子部品同士を電気的に接続します。配線のパターンは様々で、片面だけのものもあれば何枚かの基盤を重ねた多層基盤というものもあります。同じ面で配線を交差させるとショートしてしまうため、複雑化するほど多層化が進みます。基盤にも品質保持期限があり、開封してそのまま放置すると表面が劣化して電子部品を取り付けることができなくなります。プリント基板を使わなくても電子回路を作ることは可能です。実際、プリント基板が実用化される前はワイヤを使って電子部品同士を接続していました。しかし、この方法では回路が複雑になればなるほど工数も増え、コストもかかってしまうという問題がありました。配線を板に印刷するという方法が確立してからはその問題が解消し、大幅なコストダウンが実現しました。また、ワイヤで配線する方法では回路が複雑になるに伴って機器も大きくなりましたが、その配線パターンを印刷することによってワイヤでは限界があった高密度配線が可能になり、機器の小型化、軽量化にも大きく貢献しています。柔軟性のある素材で作られたフレキシブル基盤は曲げることも可能で薄いため、小型で複雑な形をした機器に適しています。また、利用するメリットのひとつとして品質の同じものがいくつでも作れるという点が挙げられます。配線を行う技術者の能力などに左右されず、誰が作っても、何枚作っても同じ品質のものができ信頼性が向上します。実際の配線はハンダ付けで行うためワイヤの配線と比べても作業が簡単です。自動実装機という機械を使えば電子部品を自動で取り付けることも可能なので、ハンダ付けやリードの切断、曲げ加工の作業すら必要なくなり、大量生産する場合などは更に時間短縮と効率化が図れます。現在ほとんど全ての電子機器にプリント基板が使われており、電子機器がなくならない限りプリント基板がなくなることもありません。今後さらに高品質で多機能な基盤が求められるようになります。