システム開発に必要なスキルとは?

システム開発を行ううえで、SEに求められるスキルとはなんでしょうか?
それは、技術力、業務知識、コミュニケーション能力、マネジメント能力です。
円滑なシステム開発のためには、このように多岐にわたるバランスのとれた能力が必要なのです。

システム開発は顧客の要望を理解し、問題点を分析して改善方法を実現する、ソリューションビジネスです。
開発の肝となる要件定義において、業務知識は必要不可欠です。
大きなシステム開発では、要件定義を行うSEは長年その業界に従事してきた経験者であることが一般的です。
顧客の話を理解し、最適なシステムを提案するためには経験と知識がものを言うためです。

顧客の要望が理解できたとして、システムとして実現するために必要なのは技術力です。
技術は日々革新しているものであり、最新の情報にも通じている必要があります。
また、多岐にわたる要素技術をすべて習得することは不可能なので、環境が変わっても適応できる柔軟さや応用力が最も重要だと考えることもできます。

そしてすべてのSEに求められるのが、コミュニケーション能力とマネジメント能力です。
顧客と話すだけでなく、チーム内での情報共有やドキュメントの作成など、コミュニケーションは開発のあらゆるシーンでキーとなります。
また、要員やスケジュールの管理は、各メンバーが個人レベルで行うべき作業です。
メンバーにこれらのスキルが備わっているかどうかで、開発の難易度はまったく変わってきます。

バランス良くスキルを伸ばし、特に得意な分野を掘り下げていくことで、チームに貢献できるSEとして活躍することができるでしょう。